学科紹介

介護福祉の中核的リーダーとなる能力を養う

介護福祉士として必要な基礎知識と技術を学ぶ

介護福祉士は、福祉分野の専門職です。そのため、福祉全般の知識が求められます。1年次は、その基礎的な知識と技術を、社会領域では、人間の権利擁護や自立、地域福祉を学び、地域で実践的活動を展開するため企画、実践をします。介護領域では、介護を必要とする人たちを理解し、介護を提供する時の技術を学びます。具体的には、食事をすることが何故必要なのか、どのような食事が適しているのか、どのような言葉がけが人の気持ちを動かすのか等実践を交えて学び、こころとからだのしくみ領域では、様々な疾病や障がい、認知症などについて学びます。これらを学ぶことにより、障がいや疾病のある人に質の高い介護サービスを提供する基礎が築かれます。

介護福祉士として基礎知識を活用し実践力を学ぶ


介護福祉士は、福祉全般の知識と共に実践力が求められます。2年次では、1年次に学んだ、介護福祉士に必要な基礎知識と技術を基に実践力と、介護福祉士国家資格取得を目指します。社会領域では、福祉全般の制度等と実践的活用を学びます。介護領域では、介護を提供するときの科学的根拠を示す介護過程を学びます。介護過程とは、介護を必要とする人の生活課題を解決し安心した生活するための介護の計画です。介護過程を展開していくにあたっては、情報収集や情報の解釈などの専門的な技術が必要です。1年生で学んだ知識と技術を活用しながら、実習という場面の中で介護計画を立案、実践します。国家試験対策講座では、2年間の学びを更に深め専門的知識や技術の確認をしながら介護福祉士国家試験合格を2年生全員で目指します。そして、介護職のリーダーに求められる能力及び指導力の基礎を身につけて卒業します。

2年間の学びの成果

豊かな人間性の形成

介護福祉士は、人の幸福を支援する福祉の専門職です。そのことから、豊かな人間性が求められます。2年間を通じてボランティア活動、認知症の方のサポート事業、地域の清掃活動など社会参加することにより自主性を育み人間性を豊かにします。

事例研究発表会

事例研究発表会は、2年生が2年間の学びの成果を発表します。内容は、1年生での基礎知識を基に2年生の実習に実践した介護過程を振り返り研究した発表です。この事例研究は、3段階の実習の中で、対象者の方の生活課題、希望などの情報収集を行い、介護計画を立案、実施、評価をします。課題解決のためには専門的な知識や技術が必要です。3段階実習終了後、授業の中でこの計画が質の高い介護であったのか等を担当教員と振り返り研究論文にします。このようなことから、2年間の学びの総まとめとなり、卒業後の介護福祉士としての実践に繋がります。

充実したカリキュラムにより専門性を高める

履修科目

カリキュラムは、3領域「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」と医療ケアから構成されています。秋専では、国家試験合格のための国家試験対策講座もカリキュラムに含まれています。2年間を通じて全科目を習得する必要があります。 介護福祉士の養成には、実践に基づいた教育内容の充実・強化が必要です。「いま、そしてこれからの介護に必要なものとは?」―現況を見据えつつ将来の方向性を見出し、福祉社会を担う3H(Heart:こころ、Head:理論、Hand:技術)を育てます。

2021年度 履修科目

時間割

1年次前期 時間割例 ※土曜日は基本的に授業はありません。

9:00~10:30 10:45~12:15 13:15~14:45 15:00~16:30
月曜 生活支援技術Ⅰ-2
住環境
人間関係と
コミュニケーション
火曜 情報リテラシー 介護の基本Ⅱ
水曜 生活支援技術Ⅱ② 介護過程Ⅰ 医療的ケア
木曜 こころとからだのしくみⅢ 生活支援技術Ⅱ① こころとからだのしくみⅡ 生活支援技術Ⅱ③
金曜 人間の尊厳と自立 介護の基本Ⅰ 生活支援技術Ⅰ① 介護総合演習Ⅰ

技術指導

一人ひとりに対応した技術指導

介護実習は、全履修時間の約4分の1。
しかも少人数制で行われるので、学生一人ひとりに対応したキメ細かな指導が可能です。
細部にわたるまでの徹底した技術指導で、卒業後、現場で即戦力となる知識・技術を学べます。

教員

専門分野に精通した教師陣が授業を担当

学務室長 町田 晴美
担当領域:人間と社会・介護

専門的技術と知識を学び専門性の高い人材、実践できる人材の育成

介護とは、高齢や障がいなどにより生活することが困難な人々を支援することです。福祉とは、「幸せ」という意味です。「介護福祉士」は、生活が困難な人々を支援することにより 「支援された人、そして支援した人」も幸せになるという意味が込められています。この「幸せ」を実現するために、秋草学園福祉教育専門学校では、2年間を通して専門的技術や知識を学びます。高齢者や障がいのある人の気持ちを理解し、制度や疾患、介護の技術を活用できる、専門性の高い介護福祉士を育てます。また、ボランティア活動や行事などを通して自分は何ができるのか、何をすることが人々の役に立つのか考え自ら実践できる人材を育てます。

教務主任 齊藤 晋助
担当領域:介護

介護福祉士の魅力とは?

介護福祉士は生活に困っている誰かの介護をするために存在していますが、それは困っている誰かに笑顔になってもらうことが自分の幸せだからであり、「介護してあげる」わけではありません。誰かに必要とされ、誰かの笑顔を見ることができることが介護福祉士の大きな魅力です。専門職として確かな知識と技術を身につけ、誰かを「介護してあげる」のではなく、誰かを「介護したい」という気持ちや倫理観を大切に考えられるような介護福祉士を目指してもらえるように一緒にがんばっていきたいと思っています。

専任教員 荒井芳紀
担当領域:こころとからだのしくみ・医療的ケア

介護と多分野が理解できる介護福祉士に

生活は、様々な分野から成り立っています。ですから介護を実践するには、幅広い知識が必要です。中でも介護を必要とする人は、医療的な課題を多く抱えています。医療的分野を理解し、心身状態を把握することがその人の生活課題を解決することにつながります。例えば、何故「聞こえづらい」のか、何故「食事をしないのか」など医療的な視点を持つことにより、その人の障がいがわかり、そのことからその人への介護や支援方法を考え実践することが、生活しやすさにつながります。このようなことからも、介護と医療は深い関係にあります。医療を理解している介護福祉士の育成を目指しております。

STAFF

校長 仲 志津江
専任教員 町田 晴美・齊藤 晋助・荒井芳紀・寺岡 恵美子
非常勤講師
(50音順)
大野 千代子・菊池 義信・竹川 美好・長島 隆行・野澤 和代・福應 渉・松浦 信二・森本 裕子・山本 正司

施設・設備

実践教育をサポートする充実の施設・設備


在学中に多くの学生が様々な資格取得に挑戦しています

  • 福祉住環境コーディネーター

高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立していきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身につけ、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

  • 認知症ライフパートナー

認知症の人に対して、これまでの生活体験や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らしていけるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる資格です。

  • 色彩福祉士

色の効果を福祉現場に活用することで、施設環境の整備や介護される側の心のケアと介護の質的レベルアップをするとともに、介護する側にも新しいモチベーションが持てる資格です。

  • 生活リズムアドバイザー

いつまでも健康で元気に暮らしていくためには生活のリズムを整えることが必要です。その生活リズムを整えるためのアドバイスができる資格です。

  • 同行援護従事者

視覚障害により移動が困難な人に、移動に必要な情報の提供(代筆・代読を含む)、移動援護等の外出支援を行える資格です。