サイトマップ 
よくあるご質問 

ホーム > 介護福祉士とは??


介護福祉士とは??
介護福祉士の仕事内容など、「JS日本の学校」の動画で理解を深められます。 介護福祉士 ケアマネージャー 福祉住環境コーディネーター 介護福祉士について


急速に進む日本の高齢化社会において、介護に関する専門の知識や技術を持つ介護職は必要不可欠な存在です。 こうした状況から1987年に国家資格として誕生したのが「介護福祉士」です。介護福祉士は、高齢者や障害者など介護が必要な方への介護を行うと同時に、 介護サービス利用者の家族などに対し、助言や相談を受けたりする福祉の専門家であり、別名ケアワーカーとも呼ばれます。
高齢化の推移と将来推計
今後も多くの人から期待される仕事です
長引く経済不況が続く日本では、就職がままならない状況です。しかし、どんな社会情勢であれ、介護を求める高齢者はどんどん増えてまいります。現在、要介護高齢者は約220万人、これが2025年には500万人以上になると予測されています。少なく見積もっても200万人近い介護福祉士が必要となってきます。現在の介護福祉士は40万人強。つまり、介護職への就職は引く手あまたの世界なのです。求められる声のもと、やりがいのある仕事が待っています。

ヘルパーとの違い
介護福祉士は介護現場における唯一の国家資格です。ホームヘルパーは認定資格であり、取得において2級の場合、養成コースは130時間。一方、介護福祉士は1650時間と、知識・技術などその差は歴然。現場でも介護福祉士は責任ある立場に就くことが多いです。介護分野の就職を考えるなら、介護福祉士の資格取得をお勧めします。
介護福祉士のやりがい
感謝の笑顔の中での仕事です
介護を求める人にとって、介護福祉士は人生の大切なパートナーです。相手を気遣う気持ちはそのまま介護される人に伝わっていきます。そしてそれは、感謝の気持ちで応えてくれます。信頼関係が築く介護職は、感謝であふれた笑顔に出会える仕事なのです。

人好きであること、ボランティアを体験してみる
「介護福祉士にはどんな人が向いているか?」と思う人は多いでしょう。人との関係が重要視されますから、まず「人が好き」であること。そして「世話好きな人」は向いていると思われます。福祉施設などでボランティアを体験すると自分の適性がよくわかりますので、まだの人はチャレンジしてみてください。
介護福祉士へのステップ
総合職としての「介護福祉士」の資格は一生モノです
一度取得すれば後で更新の必要はなく生涯有効なのが「介護福祉士」の資格です。もちろん、厚生労働大臣が認める国家資格です。資格が重宝される現代において、この上ない強い味方となります。また、介護の知識は、福祉の現場はもとより、介護保険の対象となる病院まで幅広く活躍の場が広がっていきます。

資格取得後、さらに多くの発展があります
資格取得後5年の実務経験を経て「介護支援専門員」の受験資格が取得でき、介護保険活用の中心的な役割へと発展できます。

業界用語
介護支援専門員(ケアマネジャー)
介護保険制度に伴ってできた専門職。介護保険の利用者にふさわしいサービスを継続的に利用できるよう支援(ケアマネジメント)を行う。利用者、家族の相談に応じ、適切なサービスを提供するための介護サービス計画(ケアプラン)の作成が主な業務である。保健・医療・福祉関係で5年の実務経験を持つ者が、都道府県知事が行う試験に合格し、実務研修を修了することにより業務を行うことができる。

介護保険
高齢者の介護を社会全体で支えるために平成12年4月からスタートした制度。市町村で要介護・要支援の認定を受けた利用者が、原則1割負担で居宅サービス(ホームヘルプ、デイサービス、ショートステイなど)及び施設サービス(特別養護老人ホーム、老人保健施設など)を受けることができる。介護保険は、要介護状態となった者などが、その有する能力に応じて自立した日常生活ができるように必要な保健・医療・福祉サービスを利用する制度である。そして、サービスの利用は、利用者自らが選択し決定することになっている。また、早い段階から有効な介護予防対策を講じることにより、要介護状態になることを相当程度防止できると考えられることから、平成18年度からは、「介護予防」が制度の重点に位置づけられ、保険給付に筋力向上、栄養改善、口腔機能向上のメニューを加えるなどの改正が実施された。

特別養護老人ホーム
常時介護が必要な高齢者などを入所させて入浴、排泄、食事の介護、相談援助、日常生活支援、機能訓練、健康管理などを行うことを目的とする施設で、東京都に約380、埼玉県に約200の施設がある。勤務者の主体は介護福祉士である。

介護老人保健施設
看護・介護やリハビリテーションなどを中心とする医療的ケアと日常生活サービスを提供することにより、利用者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すことを目的とした施設。介護福祉士の他、医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの専門職スタッフと共にそのサービスを行う。

グループホーム
認知症をかかえた高齢者が、10人以下の少人数でグループをつくり、家庭的な環境の中で暮らす施設。入居者が一方的にサービスを受けるのではなく、それぞれの状況に応じて家事などを分担しながら共同生活する事で認知症の進行を抑える目的をもっている。
資料請求
資料請求はこちら
秋草学園福祉教育専門学校
〒359-0021 埼玉県所沢市東所沢1-11-11

ページの先頭へ戻る